歯の代わり

インプラントの成功率は90%以上


インプラントをしたいと考えていても、本当に大丈夫なのか、もし失敗したら・・・などを考えるとなかなか重い腰が上がらないという方もいます。
インプラントを埋め込むことができれば、自分の歯のように食事ができるようになるということから、やってみたいと持っている方も多くいます。
ですが、実際はどれくらいの成功率があるのかを知りたいと思うのは当然のことですよね。
では、インプラントの成功率はどれくらいあるのかを紹介していきたいと思います。

●インプラントの成功率

インプラントの成功率は治療する歯科医師の能力やインプラントの種類によっても若干異なりますが、15年間も問題がないケースは上あごが約80%、下あごが約90%となっています。
5年間の成功率だけ見てみると、上あごが約90%、下あごが約97%と非常に安定した数値を見せています。
このデータは1990年のデータなので、技術が進歩している現在は、もっと高くなっていることが予測されています。
但し、これは医師の技術だけでなく、患者さん自身の努力によっても成功率が異なりますので、自分でも努力する必要があります。

●インプラントの成功率を下げてしまう行為

・喫煙
喫煙をすると血管の流れが悪くなってしまい、そのことがきっかけで歯周病になりやすくなると言われています。
実際、喫煙者と喫煙しない人の成功率を比較してみると、喫煙していると成功率が10%程度も低くなるようです。
インプラントを成功させたいなら、喫煙量を少なくしたり思い切って近年するなどをお勧めします。

・毎日の手入れを怠る
インプラントにも歯垢が付着するという特徴を覚えておかなければなりません。
歯垢をそのままにしていると、インプラント周囲炎の原因になりますので、せっかく取り付けたインプラントも失敗に終わってしまうリスクがあります。
毎日正しく歯磨きをして、インプラントに付着している歯垢をしっかり落とすように努めてください。

インプラントで歯をキレイにしたら、次はウォーターサーバーhttp://xn--z9j7ej2c8b2f6nbbb6269l3kpaq21ihje.com/s2.htmlでキレイな水を飲もう。