歯の代わり

インプラントの治療費は1本あたり35万円前後が相場


最近では、インプラント治療を受けて歯の状態を整える方も増えてきました。
とは言え、その料金が高いだけでなく、自由診療で保険も利かないので、料金を提示された時や調べた時に驚かれる方も少なくありません。
歯科医院によっても料金が異なっているのですが、インプラント1本あたりの相場としては、30万円~50万円程度となっており、ほとんどの場合は35万円程度と言われています。
この金額を聞くと、やはりどうしても高いと感じてしまいますよね。
2本入れると70万円、3本入れると105万円となっていますので、歯の本数が少ない人ほどかなり大きな金額を負担しなければなりません。
では、どうしてインプラントはこれだけ高い金額に設定されているのでしょうか。

●インプラントの相場が1本35万円に設定されている理由

インプラントの相場が1本35万円程度なのは、医師が一人の患者に対して手作業で埋め込まなければならないため、時間もかかりますし、優秀な医師の時間も使う必要があります。
また、これまでは被せ物をしており、その値段の相場が10万円でした。
インプラントは被せ物の3倍程度の機能を果たしているということで、10万円の3倍の金額である30万円が相場というようになったのです。
その他にも、ある程度補償を行っていたり、インプラント治療を行った患者をその後も診続けなければならないということから、値段が高くなってきたと言われています。

インターネットなどを検索すると、10万円程度で治療が受けられるインプラントを見つけることができます。
相場よりも非常に安いということから、思わず飛びついてしまう方もいるのですが、料金が安くなっているということは、技術が低いとか、保証が付いていないなどどこかに問題点があります。
実際にインプラント治療を受ける前に、これらのことを調べずに治療を受けてしまうと、後々トラブルを起こしてしまう原因になりますので、必ず調べておきましょう。