歯の代わり

インプラントに使われる人工歯は質と値段が比例


インプラントと一言に言っても、数多くの種類があります。
使われている材質が異なっていますので、インプラント自体の強度や値段なども違います。
では、具体的にはどのような種類があるのか、質や値段の相場などを紹介していきましょう。

●インプラントに使われている人工歯

・オーバーデンチャー
オーバーデンチャーはあごの骨に2~4本のインプラントを埋め込んで、取り付け式の入れ歯を安定させる方法を使っているインプラントです。
大きな手術をする必要がありませんので、体にかかる負担が少ないのですが、値段が多少高くなっており、20万円~35万円程度となっています。

・メタルボンド
メタルボンドは歯の表面部分にセラミックを付けたインプラントです。
金属を使っていますので、固い物を食べたとしても崩れにくいなどのメリットがあります。
また、他の歯と同じような色合いを再現できるため、違和感を感じにくくなっています。
値段の相場としては5万円~15万円程度です。

・ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウンは歯の表面部分にセラミックを付けます。
金属を使用していませんので金属アレルギーの方でも安心して取り付けることができます。
それから、ジルコニアセラミッククラウンも他の歯と同じような色合いを再現することがないので、違和感が感じにくいなどのメリットがあります。
値段の相場は9万円~20万円程度です。

・オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンは歯にセラミックの被せ物をします。
コチラもジルコニアセラミッククラウンと特徴が似ていますが、相場が異なっています。
値段の相場は7万円~17万円程度です。

・ゴールドクラウン
ゴールドクラウンは金合金の被せて使うことができます。
歯の硬さがほとんど同じようにすることができるため、馴染みやすくて金属が腐ってしまうことがありません。
ただ、他の歯と見た目が大きく違っていますので、違和感を感じさせてしまうことも多くあります。
値段の相場は4万円~15万円となっています。