歯の代わり

インプラントは6カ月から1年ほど治療にかかる


インプラント治療というと、1回の手術を受けるだけで付けられると考えている方もいるかもしれません。
1回の手術でインプラントを付けられる方法(1回法)は確かにあり、すぐに歯を入れることができるということから、1回の手術で埋め込むことができる手術を選ぶ方も多くいます。
ですが、1回法のデメリットはしっかり定着させることができなかったり、骨の厚さや高さが不足してしまうことによって、感染のリスクが高くなるなどがあります。
安全性の高い方法と言われているのが2回法です。

●2回法とは

2回法というのは、手術を2回に分けて行う方法です。
まず1回目はインプラント埋め込んだ後そのまま歯茎を閉じて骨とインプラントがくっつくのを待ちます。
その後、下あごだと3カ月~4ヶ月程度、上あごだと6ヶ月~1年程度そのままにしておきます。
骨とインプラントがしっかりくっついた後に、歯茎を再度切開して歯を取り付けて完了です。
時間がかかってしまうため、その間不便を感じるかもしれませんし、2回も手術を受けなければならないなどのデメリットはありますが、インプラントがくっついていますので、成功率も高くなります。
骨とインプラントが結合することによって、感染してしまうなどのリスクも下げることができて安全です。

安全性の高い方法で手術を受けることで、不安を感じることなくインプラントを埋め込むことができます。
2回法では、どのような手順で手術をするのか、具体的に紹介していきましょう。

・1回目の手術
1回目の手術では、歯肉を切開してドリルを使って歯槽骨にインプラントを埋め込んでいきます。
インプラントを埋め込むことに成功すれば、そのまま歯茎を閉じて仮の歯や入れ歯を入れておきます。

・2回目の手術
ある程度時間が経って、骨とインプラントが定着した後は2回目の手術を行います。
2回目の手術では、再度歯肉を切開して台座を取りつけます。
台座を取り付けた後もしばらく待って歯肉が落ち着いた後に2~3週間待った後に歯を取り付けます。