歯の代わり

インプラントは子供や妊婦が受けることができない


インプラント治療は誰でも受けられるわけではありません。
インプラント治療は子どもや妊婦は埋め込むことができません。
では、どうして子どもや妊婦がインプラント治療ができないのか説明していきましょう。

●子どもや妊婦がインプラントできない理由

子どもと妊婦がどうしてインプラントを埋め込むことができないのか、その理由を子どもと妊婦に分けて説明していきたいと思います。

・子どもがインプラント治療できない理由
子どもにインプラントを埋め込んでしまうと、歯並びがズレてしまうリスクがあります。
その理由はあごの骨が成長期の時に成長し続けるからです。
上下左右に成長していると、一度埋め込んだとしてもそこからズレてしまい、周囲にある正常な歯もズレてしまうリスクがあります。
ですので、子どものインプラント治療をするのは避けた方が良いとされています。
子どもは成人になるまで骨が成長し続けており、成長が止まるまではインプラント治療を受けられないと覚えておきましょう。
具体的な年齢としては、18歳~20歳と多少個人差がありますが、それまでの間はインプラント治療を受けられません。

・妊婦がインプラント治療できない理由
妊婦がインプラント利用できない理由は薬を使うからです。
手術の際には、絶対に麻酔をしなければなりませんし、抗生物質も使わなければなりません。
そのため、胎児に悪影響を及ぼしてしまうというリスクがあり、出産が終わるまではインプラント治療はお勧めできません。


このように、インプラント治療ができない方もいます。
とは言え、歯が欠損している状態をそのままにしていると、歯がないところに合わせて対合している歯が伸びてしまいます。
例えば、下の歯がなければ、そのすぐ上にある歯が噛み合わせるように伸びてきます。
また、歯が無い場所に隣の歯が傾いてしまい、噛み合わせが悪くなってしまいます。
このようにならないためには、一時的に入れ歯や仮歯などを装着して、噛み合わせを合わせておきましょう。

結婚式http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.ws/3.htmlは人生で一番女性がキレイな日と言って、納得する人も多いでしょう。
女性もキレイになるためにいろいろな努力をすると思います。歯が汚くて自信ないという方にこそインプラントをおすすめします。
また、外見だけでなく身体の内側からもキレイにしたいという方には、下記の健康食品を試してもらいたいです。
こちらは美容効果も高く、身体の健康状態も整えてくれるので是非使用してみてください。
高麗人参       http://xn--gmq95j107eved.ws/2.html
コエンザイムQ10  http://xn--q10-qi4bta9dwa15axf.biz/02coenzyme.html
プロポリス      http://xn--zckzcsa6cn1951goq6b.com/03.html
マカ          http://xn--lck7e934ia848x225a.com/dieteffect.html