歯の代わり

インプラントは禁煙が基本


インプラント治療を受けた後、タバコを吸っている方は禁煙する必要があります。
タバコとインプラントには、あまり関係が無いかのように感じるかもしれませんが、タバコを吸っている方はインプラントでトラブルを起こす原因になります。
タバコを吸っていると、それだけでインプラントの寿命が短くなると言われています。
では、どうしてタバコを吸っているとインプラントの寿命が短くなってしまうのでしょうか。

●禁煙しなければならない理由

・感染する可能性が高くなるから
タバコを吸っていると、血液の中にある白血球の働きを悪くしてしまいます。
白血球の働きが悪くなると、歯肉に炎症がおこりやすくなってしまうため、インプラント周囲炎を引き起こしやすくなってしまうのです。
実際、タバコを吸っている人がインプラント周囲炎を起こすというケースは少なくありません。
また、タバコを吸うと唾液の分泌量が少なくなり、それが原因になって歯周病にもなりやすくなると言われています。

・骨とインプラントが結合しにくくなるから
インプラントを長持ちさせるためには、骨とインプラントをしっかり結合させることが重要になります。
タバコを吸っていると血流が悪くなり、それがきっかけで骨に酸素を送る力が弱くなります。
すると、結果的に骨とインプラントを結合させることができなくなってしまい、インプラントが外れてしまうなどのトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

・手術によるキズが開いてしまうリスクが高くなるから
タバコを吸っている方の中には、インプラントの手術でできたキズが開いてしまった例もあります。
キズが開いてしまうと、場合によってはインプラントが脱落するきっかけになったり、再度手術をしなければならなくなる場合があります。
実際にキズが開いた方は、1日に100本のタバコを吸っているため、大きな負担をかけていました。
これだけ多くのタバコを吸っている方はまれなのですが、タバコを吸うとリスクが高くなることには変わりありません。
インプラントを成功させるためには、やはり禁煙することが基本とも言えます。