歯の代わり

インプラントの安全性を定めたISM(インプラント・セーフティ・マーク)





インプラントは口の中に付ける物であり、毎日使うものなので安全性の高い物を選びたいですよね。
とは言え、ほとんど知識がない方が安全性の高いインプラントを見つけるのは難しいです。
そこでオススメしたいのは、ISMです。

●ISMとは

ISMというのは、インプラント・セーフティー・マークの頭文字を取ったマークです。
これが付いているところは、歯科医療機関の第三者評価機関であるNPO法人歯科医療情報推進機構の一定基準をクリアしている歯科医療機関にだけ付与されます。
つまり、このマークがあるということはそれだけでも信頼するに値するマークということになります。

そもそも、どうしてISMというマークが制定されたのかというと、インプラントの治療が安全に行われるようにするためです。
インプラント治療自体は成功率が高い治療法となっているのですが、医療事故や不適切な取り扱いによって、患者さんが安心してインプラント治療に臨めなくなりました。
多くの人に安心してインプラント治療を受けてもらうために、ISMを制定して一定基準をクリアした歯科医療機関だけを認めて、安全性を高めようと努めているのです。
NPO法人歯科医療情報推進機構で認められるということは、本当に安全性の高い治療を行っているという証拠なのです。

これは、患者さんに安全性のある歯科医療機関をわかりやすくしているだけでなく、歯科医療機関に対しても確かな技術を磨くように促すなどの効果もあります。
歯科医療機関も、ISMが無ければ安全性がないと判断されてしまうため、患者さん獲得のためにISMを取得しなければなりません。
そうして、歯科医療機関としての質を高めるために努力することで、より高い技術を習得する意欲にも繋がるのです。
ちなみに、インプラントにはいくつかの種類があり、治療方法もいくつかありますので、ISMを取得するのは簡単なことではありません。
それを取得するためには、やはり知識や技術を高めなければならないということなので、インプラント治療を受ける歯科医療機関はISMがある歯科医院を選ぶと良いでしょう。