歯の代わり

インプラント、ブリッジ、入れ歯、長期的なことを考えて最善の方法を


歯を抜いた後はインプラント、ブリッジ、入れ歯など様々な物を代用して、歯の代わりにします。
全て歯の代わりになると言え、どれが一番良いのか分からないという方は少なくありません。
そこで、インプラント、ブリッジ、入れ歯はどれを選べばいいのか、それぞれの特徴などを具体的に紹介していきましょう。
こちらのサイトにインプラントと義歯を比較したものが載っています。


●インプラント、ブリッジ、入れ歯の特徴

・インプラント
インプラントの特徴は、隣の歯を削らずに直接取り付けることができることです。
取り付け方によっても若干特徴が異なるのですが、埋め込むことによって刃を固定することができますので、まるで自分の歯のような安定性を実現することができています。
直接埋め込まれていますので、毎日取り外さなくても良くなりますし、自分で食べているような感覚で食べられるなどのメリットがあります。
多少費用が高くなる傾向にあるのですが、それでも十分に効果を感じられるなどのメリットがあります。
自分の歯で食べている感覚は、食事を楽しむうえでも重要な要素になります。

・ブリッジ
ブリッジは抜いた歯の部分の両隣も抜いて、最低でも3本以上のスペースがなければ取り付けることができません。
また、空いているスペースが2箇所に分かれていたり、犬歯などの場合はどうしても歯にかかる負担が大きくなってしまうため、3本よりも多く抜かなければならない場合があります。
歯を多く抜かなければならなくなるため、不安に感じる方もいるかもしれませんが、ブリッジは元通りに歯の形を回復することができますので、全体的に噛み合わせを作ることができます。
また、数本分を一気に入れ替えることができますので、歯を固定やすいなどのメリットがあります。

・入れ歯
入れ歯の特徴は、取り外しをすることができるという点です。
いつでも取り外しができるということにより、付けている時に違和感を感じる方は、頻繁に取り外すことができるなどのメリットがあります。
ただ、デメリットとしては他の物に比べて壊れやすいところや、外れやすいなどがあります。
長期的に使いたいのでしたら、入れ歯はあまりお勧めできません。

インプラントについてより詳しく知りたい方におすすめのサイトです。http://xn--eckvdxb1d3bc9195h5fcg77aiei.com/